重くなるのも嫌だけど必要な時に困るのも嫌・ツーリング時の装備

バイクの記事一覧
この記事は約7分で読めます。

今回はツーリング時に携帯しておいたほうがよい装備についての内容になります。

免許証とは違って必ず携帯する必要はありませんが、今回記載している装備は、ツーリング時に携帯していた方が安心して走ることができるものを取り上げました。

私も過去に装備を甘く考えてツーリングに行き、苦い経験を味わってから、ツーリング時は必ず携帯するようにしています。

ここから、ツーリング時に携帯した方が良い装備についてあげていきます。

広告

レインウェア

バイクで近い場所に買い物に行ったり、早く戻ってこれる時には、出かける時に雨が降ってなければ、レインウェアの携帯は不要だと思います。

ただし長時間高速道路を使って移動したり、都道府県をまたいだり、標高が変化する場所や峠道など、山の中を走る場合は、天気が急変する場合があります。

朝は晴れていても、小雨が降ってきたり、急にゲリラ豪雨のような天気の急変も十分に考えられます。

このような場所を走る予定があれば、必ずレインウェアは携帯するようにしましょう。

濡れたまま走るのは危険

先に記載の通り、出発時は行き先が晴天かもしれませんが、午後や夕方になって、降られることも少なくありません。

そういう時に限って雨の勢いが強かったり、なかなかすぐに止まないことがあります。

レインウェアがない場合は、やむまでひたすら待つか、仕方ないのでそのまま濡れながら走るしかありません。

走った場合でも、例えば真夏で気温が30度以上ある場合は濡れていてもバイク熱や体温で乾いていきますが、それ以外の季節や、標高が高く気温が低い中を濡れたまま走り続けなければならない場合、急激に体温が冷やされて奪われるので、初めは余裕でもすぐに寒くなって耐えられなくなります。

バイクの場合、寒くなって暖を取りたいと言っても、ほとんどはグリップヒーターがあればましで、暖をとるには着るしかないので、もし着替えがなければ、体が冷えていくだけです。

寒い思いをしながら走るのは判断力も鈍くなりますし、手や足も思うように動かないと大変危険な運転につながります。

そういう点でも、レインウェアを着る必要がなければラッキーだと思って、ツーリング時にレインウェアは携帯しましょう。

買う時は必ず試着する

レインウェアを買う時は必ず試着する様にしましょう。

今はネットでなんでも購入できる時代ですので、レインウェアもネットで買えますが、サイズ表を見てサイズを選ぶだけでなく、できれば実際にお店で見て、着てみることをお勧めします。

実際に実物を見ることで、思ったよりゆとりがあるとか、腕が長めだとか、メーカーや商品毎の違いがよく分かる場合があります。

ライダージャケットの上から着衣できるか

レインウェアは雨でも快適に走れるようにするものなので、それ自体にプロテクターなどはついていません。

したがってほとんどの場合、ライダージャケットの上から着衣することになります。

ライダージャケットはプロテクターなどの装備もあり、普通の服より厚みが出ます。

その場合、窮屈ではないか、余裕を持って手足を動かすことができるか、ぜひ確認したいポイントになります。

特に冬に乗ることがあれば、ライダージャケットも防寒対策のため、さらに厚みがるのでレインウェアのサイズ表のみでサイズに合うのかの確認以外にもジャケットやズボンの上から問題なく着れるかもチェックしましょう。

もし、サイズに迷った時は、ひとまわり上のサイズを選ぶようにすれば、安心です。

バイク用に作られたレインウェアは、汎用的なレインウェアよりは価格が高めですが、そのかわり、ばたつきやすい腕や腰にマジックテープの絞り機能が付いている物もありますので、余裕がありすぎる時でも、絞ってあげれば問題ありません。

窮屈なものは伸ばすことはできませんが、大きいものを絞ることは可能なのです。

レインウェアの着脱は簡単か

バイクに乗っていて雨に降られた場合、野外のちょっとした軒先とかで、サッと着替えるみたいなことをよくやります。

言ってみれば、外でもサッと着れるような着脱しやすいレインウェアがベストであり、選ぶときも着脱のしやすさはポイントになります。

店でもし試着ができる場合は、簡単に着脱が可能かも合わせて確認しましょう。

軽量で小さく畳めそうなものを選ぶ

バイク移動時はとにかく、携帯するものは小さくしておきたいです。

携帯できるスペースも限られますし、背負った場合、とにかく疲れます。

バイクのちょっとした収納に使えそうな場所を活用して簡単に携帯できるように、レインウェアは小さくまとめられる、かさばらないものを選びましょう。

バイク専門店などで売られているレインウェアは、ほとんどがたたみやすいように考慮された製品ばかりですので、もしバイク用じゃなかったとしても、より小さくして携帯できるものにしましょう。

レインウェアの携帯用袋があると便利

レインウェアを着ない時に、収納袋に入れて持って行けると便利です。

だいたい、レインウェアを買うと携帯用の袋もついていることが多いですが、必ず付属しているかはわかりませんので、この点も購入時には確認したいところです。

収納袋があれば、雨天時のツーリング後、天気が回復したときに、濡れたまま収納しておくこともできますし、他の荷物がぬれてしまうことも防げます。

TAICHIのレインウェアの画像
一部汚れてしまっていますが色は黒です。収納袋がついているので使わない時はツーリングバックやリアのトップボックスなどに収納しておける。

注意点としては、濡れたままで放置すると、レインウェアが生乾き臭がしますので、ツーリング後には袋から出して、しっかり乾かすということをした方がレインウェアが長持ちします。

RSタイチ(アールエスタイチ) ドライマスター レインスーツ 防水・透湿 アーバンカモ XL [RSR048]

固定用のネットやバンド

固定用のネットは、よくネイキッドバイクのタンデムシートに、荷物の上にネットをかけているあれです。

バンドは、同じようにゴム状のもので、シートやキャリアなどに固定します。

例えばツーリング先で、ちょっとしたお土産など、買って帰りたいものを見つけた時に、固定ができないと、運ぶことができません。

そういう意味で、もしもの時にバイクに固定できるようなネットやバンドを携帯しておきたいです。

但し、100%走る事以外は眼中にないということであれば、なくても良いと思います。

しかし、着ている服が厚くなったので脱ぎたいというときにも、固定ネットでバイクに固定できるので、キャリアケースとかキャリアバックなどがない場合は、持っていた方が安心だと思います。

ヘルメット固定用ワイヤ

ヘルメット固定用ワイヤは、バイクとヘルメットをくくりつけておくための、短めのダイアルロックのようなものです。

盗難防止用ワイヤーロックの画像
ヘルメットやツーリングバックの盗難防止用として持っておくと便利なワイヤーロック

バイクショップとかでバイク置き場を見ると、ヘルメットの盗難注意の記載を見かけたりします。

ヘルメットは高価ですので、ちょっとした隙に盗まれたりすることもあるようです。私は経験がないので、あるようですと記載しましたが、それでもヘルメットがなくなったら、バイクに乗って移動できないので、バイク乗りにとっては致命的です。

そのためにも、盗まれたりしないように、ロックがあることがわかるように、しっかり固定しておきたいと思います。

バイクパーツ屋に行けば、専用のものがありますが、もしなくても、ダイヤルロックとチェーンがあれば自作できますので。ぜひ用意して、盗まれないように注意しましょう

crops(クロップス) Q4・ユニーク [SPD07SHT/Φ4×300mm] ブラック CP-SPD07ShtBK

キャップ(帽子)

キャップまたは帽子です。

ヘルメットを脱いだあとの癖が髪につくので、私は常にヘルメット以外の時は帽子をかぶっています。

ちょっとしたファッションにもなりますし、冬は防寒対策にもなりますので、あまり帽子をかぶる習慣のない方にもおすすめです。

紙の地図

紙のロードマップを携帯できるのであれば、持っていると安心です。

真夏の炎天下では、スマホの地図でも、高温で電源が落ちてしまったりすることがありますので、そのような場合でも、紙の地図があればとても安心できます。

現在地を探すのも大変な紙の地図ですが、なれると見やすくなりますので、もしもの時に、携帯しておきましょう。

雑巾

途中で雨に降られたり、走っていて汚れが気になったりしても、さっと拭き取ることができます。

1枚でも持っているととても便利ですので、ぜひ雑巾も携帯しておきましょう。

ヘルメットのシールドクリーナー&クロス

最後に、ヘルメットのシールドクリーナー&クロスです。

バイクで走っていれば、シールドによく虫アタックを食らいますし、シールドに跡が付いた場合、視界がとても邪魔になるものです。

休憩時にさっとシールドを手入れできると視界良好で走ることができますので、ぜひこの辺も携帯するようにしたいものです。

タイトルとURLをコピーしました