WEB初心者でもわかるコンテンツマーケティングやWEBライティングの手法や事例をまとめたメディア

WEBライティング基礎講座を公開しました

WordPressの投稿記事の見出しはなぜ、見出し2から設定するのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

WEB初心者向けに、WordPressでの、WEBライティングの手法や事例をまとめています。

以前、WordPressの記事の投稿方法についての内容で、記事の見出しをつける時は、見出し2から使用すると記載しました。

この記事では、見出しの役割について触れたうえで、h2タグから設定する理由や、見出しを設定する上での注意点についての内容になります。

記事の見出しは段落の概要を表す

WordPressのコラム記事、1記事あたりの文字数は1500-3000文字以上になります。

文字数の多い記事を読みやすくするための工夫が、記事を段落でまとめることです。記事を整理して、内容ごとに段落でまとめると、とても読みやすくなります。記事は、この段落の集まりで構成されているのです。

記事の見出しとは、その段落に記載されている内容を端的にまとめたものです。

もし、見出しがないと、どんな不便があるでしょうか?

たとえば、初めてコラム記事ページを訪れた人は、段落内に書かれている文章を全て読むまで、言わんとする内容を理解できません。しかし、段落の最初に見出しが有ると、記事ページとしても見やすいですし、読み手が記事の内容を全て読まなくても書かれている内容の予測をつけることができます。

読み手は、見出しの内容を見て、興味をもったり、知りたい内容が書かれてそうだと思えば、記事を読んでもらえます。また、読み手にとって意外性のある見出しだったり、興味をひく見出しをつけることができれば、記事を読んでもらう機会を増やすことができます。

スポンサーリンク

見出しをつけたら必ず目次もつける

記事の見出しを設定したら、見出しと同じ内容の目次も必ずつけましょう。

目次は、目次に書かれている内容を見て、興味を持った読み手が、該当する見出しの段落の文章に、一瞬でたどり着くことができる、とても便利で重要な機能です。

目次を設定する時は、WordPressのプラグイン「Table of Contents Plus」を使用すると、とても便利に目次を配置することができます。

  • 見出し設定をしただけで、投稿記事内に目次を配置してくれる
  • 目次の見出しの部分を押下すると、自動的に該当の記事にリンクしてくれる
  • 見出しの数や種類によって、目次の表示/非表示が設定できる
  • 記事別に、目次の表示/非表示が簡単に設定できる

Table of Contents Plusの画像

見出しはSEOの役割も持つ

ここまで、見出しの見た目上の役割をお話ししてきました。

ここからは、見出しのSEOの役割についてふれたいと思います。見出しには、ほかの強調タグとは異なり、SEOの特別な機能があります。

検索エンジンが記事の内容を判断する手がかりとして、見出しとして設定している内容から、その記事に記載されている内容を判断します。もちろん、見出しだけではなく、記事タイトルや本文中の内容も考慮されます。

したがって、あまり考慮せずに、単純に強調目的で使用すると、記事の内容が正しく判断されないといった可能性があります。

具体的には記事の部分を選択して強調タグから見出し1〜見出し6の設定をすると、記事の中にh1からh6といったタグ設定がされます。

SEO的な優先度は見出し1<h1>が優先度高で見出し2<h2>、見出し3<h3>という順番で優先度が低くなります。

スポンサーリンク

1ページ内に、見出し1は1つだけというルールがある

記事読者の疑問

見出し1が優先度高であれば、全部の見出しを見出し1にすれば良いんじゃない!?

そのように思いがちですが、残念ながら、見出し1<h1>のもっとも特徴的なルールがあります。

それが、1ページ内に、見出し1<h1>は1つだけ設定できるということです。

以前、記事内の見出しは見出し2<h2>から設定するという内容を記載しましたが、h1は記事中に1つしか割り振ることができない理由があったのです。

h1は記事のタイトルで既に使用されているので、記事の内容はh2から設定することになります。

記事読者の疑問

でも、見出し1を複数設定しようとすればできちゃうじゃん。

複数の見出しをh1で設定することもできてしまいます。ですが実際に設定した時にどうなるのかはわかりません。

優先度の最も高いものが複数存在する場合、検索エンジンを惑わせるような作り方はエラーとなり、検索結果にでないどころか、ペナルティをうけかねません。

WordPressの記事で見出しを設定する場合は、タイトル以外に見出し1が設定されていないかどうか、気をつけましょう。見出し2以降は、複数設定していても問題ありません。

見出しを設定する上での注意点

見出しを設定する上での注意点の画像

ここでは、見出しを設定する上での注意点について記載します。見出しは正しい使い方をすれば、見た目にもSEOにも効果的ですが、誤った使用方法はペナルティーを受けることもありますので、設定するときは以下の項目に気をつけて使用します。

見出し1を1記事に複数設定してしまう

上記で説明した通り、見出し1は1記事につき1箇所だけです。1記事につき複数登録もできてしまいますが、検索エンジンで想定外の読み込み方をされてしまう可能性や、最悪の場合、ペナルティ対象となりかねないので、見出し1を複数箇所に設定することはやめましょう。

単に強調する目的では使用しない

見出しは見た目の強調以外に特別な意味を持つので、単に文字の強調として使用するのはやめましょう。

文字の強調には、見出し以外の太字や文字サイズ、下線やその他の強調タグを使用しましょう。

見出しはh2から順番で設定する

見出しはh2から順番でh3、h4と順番で使用します。h2の小見出しは必ずh3、h3の小見出しはh4です。

h2の小見出しをh3をとばしてh4にするとかの設定は誤りです。h2,h3,h4と順番に割り振って設定してください。

見出しにはキーワードを自然にいれる

見出しはSEOの効果が強いからとキーワードをキーワードをこれでもかと詰め込んだりすることがありますが、これはお勧めできない使用方法です。

キーワードは絞って使い、読み手が読んだ時に自然な文章になるように書きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、WordPressの記事の見出しの役割や、見出しを設定する上での注意点に触れながら、h2タグから設定する理由についての内容でした。

見出しについて理解し、正しく設定することで、ユーザーにも読みやすく、検索エンジンにも意図した検索の結果として表示してもらうことが可能なのです。

見出しの内容は1回設定して終わりというわけではありません。

記事を訪問してくれた読み手がほしい情報が記事上のどこに書かれているのか、記事のナビゲーションとしての役割もある、見出しを最適化することが、ページの評価の向上につながり、最終的にはサイト全体の評価へとつながるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© EXAWAVE , 2019 All Rights Reserved.