WEB初心者でもわかるコンテンツマーケティングやWEBライティングの手法や事例をまとめたメディア

WEBライティング基礎講座を公開しました

キーワードの選定 | ブログでファンとアクセスを増やす2つのポイント

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブログ初心者がブログサイトを運営して収益を得るための手法や事例について、ブログ初心者にもわかりやすくまとめた記事を更新しています。

今回は、『ブログキーワードの選定 | 着実にアクセス数を増やす3つのポイント』という内容です。

ブログ記事を書く時は、ブログ記事の目的と、その記事の情報を必要としているユーザーがどのような検索キーワードで調べるか、ということを想定しておく必要があります。この想定が、ユーザーのニーズとマッチすることで、検索結果から流入されるようになり、ユーザーにとって、有用有益なコンテンツだという評価をしてもらえます。

この記事では、ユーザーのニーズとマッチするキーワードを選定し、着実にアクセス数を増やすためのポイントについて、実際の手順を踏まえながら確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

キーワード1語を狙うのではなく、複合キーワードを狙う

ブログでアクセス数を増やすために、キーワードは複合キーワード(2つ以上のキーワードを合わせたキーワード)を狙うということです。

例えば、WordPressについてのブログサイトを運営しているとします。その場合、キーワードを『WordPress』という1語を狙うのではなく、『WordPress 使い方』または『WordPress プラグイン SEO』のような複合キーワードを狙いましょう。

『WordPress』のような1語のキーワードはビッグキーワードと呼ばれます。ビッグキーワードは検索ボリュームがとても多く、誰もが最初から狙いたくなるキーワードです。しかし、ビッグキーワードは検索結果の上位に広告があったり、大手の強豪サイトが順位争いをしているような、競合するサイトがとても多いキーワードでもあります。

このようなビッグキーワードは、広告が多いといった特徴に見られるように、お金を出してでも、上位に表示させたいというキーワードがほとんどです。広告を出すということは、上位表示されることによるメリットは十分にあるけれども、自然検索で流入を狙うには競合サイトが多く、早い段階で上位を狙うことがとても難しいのです。

一方で、『WordPress 使い方』または『WordPress プラグイン SEO』のような複合キーワードを狙う場合はどうでしょうか。複合キーワードの場合は、ビッグキーワードと比較すると、キーワードの内容が限定的な分だけ、検索数も少ないのですが、競合サイトも少ないのが特徴的です。(複合キーワードの中には、広告を出していたり、競合サイトが多いものもあります)

したがって、複合キーワードの方が、比較的早い段階で、検索結果の上位に表示することができる可能性が高いのです。

具体的な例をあげてみましょう。

  • ビッグキーワード:月間検索数100万、検索順位98位、検索結果の9ページ目
  • 複合キーワード:月間検索数1000、検索順位3位、検索結果の1ページ目

上記の場合、ビッグキーワードだと、検索結果の9ページ目に表示されていますが、ここからの検索流入は、ほぼありません。反対に、複合キーワードは1ページ目の3番目に表示されているため、月間の検索数はビックキーワードには及びませんが、それなりに安定したアクセス数が発生します。

スポンサーリンク

検索キーワードから、ユーザーの検索意図を考える

検索キーワードの内容から、ユーザーがどんな情報を探しているのか、ユーザーの検索意図を考えることで、ブログ記事の内容や目的を整理し、よりユーザーニーズにマッチした記事を書くことが可能になります。

例えば『WordPress 使い方』というキーワードから、WordPressの使い方について知りたいのだなというニーズを想定できます。『WordPress プラグイン SEO』であれば、WordPressのプラグインで、SEOに関係するものを知りたいというニーズを想定することもできます。

ある程度、ユーザーニーズを想定したら、実際にそのキーワードで検索をして、上位表示されている内容をチェックしましょう。上位表示されているサイトは、実際にユーザーの評価を得ているサイトなので、記事の内容を読んで、自分のたてた想定と合っているか、確認してみましょう。

例えば、上位表示されている記事と、自分が書いている(書こうとしている)記事の方向性が異なるからといって、修正したり無理に合わせる必要は全くありません。根拠のある情報であれば、独自の内容を書く方がオリジナルコンテンツとなりますし、ユーザーの評価を得やすい場合もあり得るからです。

過去の検索ボリュームは参考程度とする

過去の検索ボリュームがずっと0でなく、少しでも検索されているニーズがあるのであれば、積極的に狙いましょう。というのも、最近のSEOでは、検索結果で類似のコンテンツはフィルタリングがかかり、簡単に一覧表示すらしてくれなくなりました。

Googleは、ユーザーファーストを第一にしているため、同じような内容の検索結果が並ぶのはユーザーのためにならないと考えているからです。

 

スポンサーリンク

Googleのサジェストキーワードを確認する

Googleのサジェスト機能を使って、検索されている複合キーワードを見つけていく方法を紹介します。あまり多くの複合キーワードを確認することはできませんが、これが一番簡単な方法です。Googleのサジェスト機能は検索欄にキーワードを入力した時に、入力した語句と関連性の高いキーワードのリストが表示されます。

以下の例はWordPressというキーワードを入力した時の表示例です。

WordPressに関連したキーワードが表示される

『WordPress テーマ』というキーワードであれば、WordPressのテーマについて知りたいニーズがあるということがわかります。実際にこのキーワードで記事を書く時にはもう一歩踏み込んで、WordPressのテーマにはどのような種類があるのか教えてあげる記事を書くとかでも良いし、デザインの綺麗なテーマを探しているかもしれないので、デザインの綺麗なテーマを厳選している内容の記事を書いたりすることが可能です。

『WordPress インストール』というキーワードであれば、WordPressのインストールの手順が知りたいニーズがあるという予測ができますし、WordPressのインストールでうまくいかなくて調べているのかもしれないというような予測もできます。その場合は、同じようにインストールで困った経験がある方であれば、実際に起こった現象と、その時に行った対応を具体的に書いている記事を作成すると、とても参考になるかもしれません。

関連キーワードチェックツールとキーワードプランナーを使う

Googleのサジェストキーワードより手順が多いのですが、その分多くのキーワードが確認でき、キーワードの競合の度合いまでわかる方法がこちらです。

まず、関連キーワード取得ツールを使って、関連キーワードを洗い出します。検索キーワードの欄に同じように『WordPress』を入力て取得開始ボタンを押下します。すると、Googleのサジェストキーワードよりもたくさんのキーワードが表示されました。ただし、重複しているキーワードも複数表示されている状態になります。

重複キーワードを除去したものをリストアップしたのが右側の全キーワードリスト(重複除去)という欄に表示されているキーワードになります。ここにリストアップしているキーワードを全部コピーしてください。

続いて、別画面でキーワードプランナーを開きます。下記のような画面で右側の「検索のボリュームと予測のデーターを確認する」を押下してください。

つづいて、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」という画面が表示されるので、空欄のところに、先ほどコピーしたキーワードのリストをそのまま貼り付けましょう。

しばらくまっていると、予測データという表示でキーワードの一覧が表示されるので、右側の「過去の指標」を押下してください。そうすると、月間の平均検索ボリュームを確認することができます。

「月間平均検索ボリューム」という見出しの箇所を押下すると、検索ボリュームの多い順/少ない順での切り替えができます。

主に確認する項目は「キーワード」「月間平均検索ボリューム」「競合性」です。不要な項目は右上の表示項目のメニューから表示/非表示の変更ができます。ここでの表示結果を参考に、複合キーワードを見つけていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ「キーワードの選定・ブログでファンとアクセスを増やす2つのポイント」

  • 早い段階で検索結果の上位表示を狙うのであれば競合サイトが比較的少ない複合キーワードを狙う
  • 検索キーワードから、ユーザーの検索意図を考えて、その内容に応じられるような記事を書いていくことで、ユーザーの評価獲得を狙う
  • Googleのサジェスト機能は取得できるキーワードの数は少ないが、簡単な手順で確認が可能。関連キーワード取得ツールとキーワードプランナーを使って複合キーワードを見つけていく方法は、手順は多いが複合キーワードの競合性まで確認することが可能
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© EXAWAVE , 2019 All Rights Reserved.