WEB初心者でもわかるコンテンツマーケティングやWEBライティングの手法や事例をまとめたメディア

WEBライティング基礎講座を公開しました

ブログタイトルの決め方 | アクセス数を最速で伸ばす3つのポイント!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブログ初心者向けにブログの書き方の手法や事例をまとめています。

今回は、『ブログタイトルの決め方 | アクセス数を最速で伸ばす3つのポイント』という内容です。

この記事を読んでいる方の中には、これからブログ記事を書き始めるために、ブログタイトルの決め方を検索している方や、既にブログ記事を書いている方もいらっしゃるかもしれません。

ブログタイトルは、検索エンジンの検索結果や、ブログサイト上の記事一覧など、ユーザーの目に触れる機会がとても多いため、ブログタイトルを適切に決めてブログを運用するか否かで、アクセス数の増え方に違いが出てくる場合があります。

あなたがもし、既にブログ記事をたくさん書いていたとしても、アクセスがいまいち伸び悩んでいる場合は、もしかしたらブログタイトルの設定のせいかもしれません。ブログタイトルでより多くの、ユーザーの興味関心をひくことができれば、検索結果から多くのユーザーが記事をクリックして、呼んでもらえる可能性が高まります。

この記事では、アクセス数を最速で伸ばすために必要なポイントについて説明していきます。

スポンサーリンク

ブログタイトルは31文字以内で設定する

まずはじめに、ブログタイトルの文字数に関してです。ブログタイトルは、できる限り31文字以内で設定するようにしましょう。ブログタイトルを31文字以内に設定する理由は、検索エンジンの検索結果のブログタイトルの表示結果と関係しています。ブログタイトルの文字数が、検索エンジンの規定の文字数を超えた場合、タイトルの全文が表示されずに、『…』で省略されてしまいます。

ブログタイトルが長いと全部表示されないで省略表示される

途中で途切れてしまっているブログタイトルよりも、全文がしっかり表示されているブログタイトルの方が、説得力がありユーザーにも選んでもらえやすくなります。

最大の表示文字数は、検索エンジンの種類や、パソコン・スマートフォンで表示した場合によっても変わりますが、ブログタイトルを31文字以内で設定をしていれば、表示される環境に左右されずに、設定したブログタイトルの全文が表示されます。

スポンサーリンク

メインキーワードはブログタイトルの先頭に配置する

ブログ記事のメインキーワードは、ブログタイトルの先頭に配置しましょう。メインキーワードをブログタイトルの先頭に配置する理由は3つあります。1つめはの理由は、ユーザーの認識のしやすさのためです。ユーザーが調べているキーワードを先に配置したほうが、検索結果に表示された時にユーザーの目にとまり、ユーザーに直感的に記事を選んでもらいやすくなります。

2つめの理由は、SEO的な観点があげられます。メインキーワードをブログタイトルの先頭に配置したほうが、検索結果の上位に表示されやすい可能性があるためです。ただし、検索エンジンの検索結果の順位は、ブログタイトルだけではなく、さまざまな判断基準があるので、検索順位に影響する可能性があるという書き方をしています。

3つめの理由は、検索エンジンの最大文字数によるものです。今後さまざまな要因で、検索エンジンの最大表示文字数の仕様が変わったとしても、メインキーワードをブログタイトルの先頭に配置しておけば、検索エンジンの最大表示文字数の仕様に左右されることなく、メインキーワードはしっかりと表示されるからです。

日本語として自然な言葉で書く

ブログタイトルは日本語で意味が通じるように、自然な言葉で書きましょう。ブログタイトルに単純にキーワードを含ませただけの不自然な言葉は、ユーザーに選んでもらえないばかりか、検索エンジンのペナルティーを受ける可能性があります。

スポンサーリンク

ブログタイトルは前半と後半にわける

ブログタイトルは単純に1文で書くと、検索キーワードがひきたたず、ユーザーに対してのインパクトが弱いです。ブログタイトルのの内容を前半と後半に分けて書いた方が、キーワードに目がとどまりやすく、ブログ記事を選んでもらえやすくなります。

、。は使わず!?・をつかう

先ほど、ブログタイトルは前半と後半にわけるという話をしましたが、前半と後半の、言葉のつなぎ方にも工夫をしようという内容です。ブログタイトルはユーザーに対するインパクトが大事です。とするならば、『、』とか『。』より、『!?・』を使ったほうが、ブログタイトルとしてのインパクトを与えることが可能です。
ブログタイトルを前半と後半にわけて、かつ句読点を使わないタイトルの例です。

ブログタイトルの例
  • 例1)ブログタイトルの決め方は、アクセス数を最速で伸ばす3つのポイントを考慮する。
  • 例2)ブログタイトルの決め方・アクセス数を最速で伸ばす3つのポイント!!

例2の方が、すっきりした印象で、ブログタイトルのキーワードも明確になり、伝わりやすくなったと思います。

スポンサーリンク

ユーザーがクリックしたくなる単語や文字を含める

ブログタイトルの言葉の表現を工夫することで、ユーザーのユーザーの知りたい欲求がくすぐられ、気になってクリックをしてしまったという状況をつくることが可能です。ブログタイトルがグッとひきたつような言葉の一例を以下にあげます。

  • 「〜すぎる」「これだけで〜」強調する言葉
  • 「〜だけで」「たった〜」簡単さをアピールする言葉
  • 「選りすぐり10選」「3つのポイント」具体的な数字
  • 「損している」「無駄」マイナス局面を突くような言葉
  • 「〜まとめ」「〜百科」「〜大辞典」などのまとめている言葉

ユーザーの注目を集めるこれらの言葉はとても便利ですが、使用上の注意点があります。それは、便利だからといってサイト上のブログに多様したりすることは効果的ではありません。ここぞという推しがある記事において、適切に使用しましょう。また、ブログタイトルとブログの内容が伴うように記載しましょう。

「〜だけで」と書いたブログの内容がの内容が「〜だけ」ではなかったり、「3つのポイント」が3つにまとめられていなかったりすると、ブログタイトルとブログの内容がマッチしていないので、ユーザーの評価を評価・信頼度を得ることができません。

ブログタイトルを決めるのに、あまり時間をかけない

ブログタイトルが重要だからとしっかり考えて設定することは大切ですが、あまりにも時間をかける必要はないですし、それよりは、ユーザーの役に立つ記事を1つでも多く書くことに注力をしたほうが良いです。

ブログタイトルは記事を公開した後でも変更が可能です。また、グーグルアナリティクスやサーチコンソールの結果やユーザーの反応を見て、調整をしていっても全く問題ありません。

まとめ「ブログタイトルの決め方 | アクセス数を最速で伸ばす3つのポイント」

  • ブログタイトルは31文字以内で設定する
  • メインクーワードはブログの先頭に配置する
  • 日本語として自然な形で書く
  • ブログタイトルは前半と後半にわける
  • 、。は使わず!?・をつかう
  • ユーザーがクリックしたくなる単語や文字を含める
  • ブログタイトルを決めるのに、あまり時間をかけない
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© EXAWAVE , 2019 All Rights Reserved.