WEB初心者でもわかるコンテンツマーケティングやWEBライティングの手法や事例をまとめたメディア

WEBライティング基礎講座を公開しました

Googleは画像が苦手 | alt属性やキャプションを活用しよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブログ初心者がブログサイトを運営して収益を得るための手法や事例について、ブログ初心者にもわかりやすくまとめた記事を更新しています。

今回は、『Googleは画像が苦手 | alt属性やキャプションを活用しよう』という内容です。

WordPressのブログ上で画像を掲載した時に、人が画像を目で確認すれば、どのような画像なのかを認識することが可能です。しかし、Googleはブログ上の画像がどのような画像なのか、そのままでは認識することができません。

ブログを書いていると、とても多くの画像を扱うことになると思います。これらの画像を、検索エンジンにもしっかり認識できるように情報を補足してあげる必要があります。今回はそのような内容について書いています。

スポンサーリンク

alt属性で画像の説明を行う

alt属性は、HTMLのimgタグを使って画像を表示する時に、テキストによってその画像の説明を設定するための属性になります。WordPressの投稿画面などで、記事の途中などに画像を挿入することは普通に行います。

その場合に、ただ単に画像が挿入されているだけだと、Googleにはそこに画像があることは認識できるのですが、画像の内容を見て理解することはできません。そこで、画像を正しく認識してもらうため、alt属性を設定して、Googleが理解できるテキストで、画像を説明してあげる必要があるのです。

スポンサーリンク

alt属性の設定にもルールがある

画像の説明をするalt属性の設定にもルールがあります。

alt属性の設定はすべての画像に設定するわけではない

写真やイラスト、アイコンすべてにalt属性を設定すれば良いというわけではありません。alt属性の設定が必要かどうかは、その画像がコンテンツ上重要な意味を持っているかどうかがポイントとなります。

例えば、旅行の記事であれば、旅行先でのスポットの画像はコンテンツ上重要です。また、作業手順が書かれた記事において、作業をする箇所や作業手順を表している画像は重要な表示要素になります。そのような画像はもれなくalt設定を行いましょう。

反対に、区切り線の画像だったり、サイトのデザイン上の画像といったコンテンツ上重要な意味を持たないものは、alt属性を設定する必要はありません。余計なものにまでalt属性の設定をしてしまうと、Googleが正しくコンテンツを認識することができなくなってしまいます。

alt属性は適切な内容を端的に設定する

画像に写っている内容と全く関連していない内容だったり、極端に長すぎたり短かったりするのは設定上良くありません。適切な内容で端的に設定しましょう。

下記は設定例です。

alt属性は適切な日本語で意味がわかる内容で設定する

SEOを意識しすぎて、キーワードを羅列しているだけの内容だったり、キーワードが必要以上に多く設定されていたり、日本語として成り立たない内容を設定することは意味のないalt 属性の設定です。そればかりか、悪意のある設定とみなされてペナルティーを受ける可能性があります。

SEOの目的のために、alt属性の設定をするのは、現在のSEO施策としてはあまり意味がありません。現状のSEOの観点はユーザーファーストです。ユーザーにとってメリットがあるかどうかで設定をする方が正しい運用になります。

alt属性の設定はGoogleのためだけではない

alt属性の設定は、SEOとしての観点が強いイメージがありますが、ユーザビリティとアクセシビリティの向上に役立つ機能を持っています。

ユーザービリティの向上のため

alt属性のaltとは「代替」という意味を持つ「alternative」の略です。alt属性の機能として、例えば通信速度が遅かったり、画像が正しく読み込めない場合に、画像の代わりにalt属性のテキストの内容が表示されるという機能を備えています。これによって、画像が表示されなくても、どのような画像が表示されるはずだったかをある程度は想像できる(意図を伝えることができる)のです。

アクセシビリティの向上のため

また、アクセシビリティの観点からもalt属性の設定は重要といえます。画像を見ることができない視覚障害の方が文章読み上げソフトを使った場合は、画像部分はalt属性のテキストが読み上げられます。その際、alt属性が空白であるものと、画像の内容、意味が説明されているものでは、圧倒的に後者が親切といえるでしょう。

このように、alt属性を設定することはSEOだけでなく、ユーザビリティ、アクセシビリティの向上にも効果があります。単にSEOで有効だからとかの判断ではなく、ユーザーが使いやすくなるための手段として考えましょう。

スポンサーリンク

できれば避けたい画像や動画のみのページ

これまで記載したように、Googleのコンテンツの認識手段はテキストです。画像はテキスト情報を持たないので、alt属性で情報を補完します。したがって、ページの構成要素の殆どが画像や動画のパターンでは、Googleにとって圧倒的に情報不足になる可能性があるため、コンテンツの作り方を気をつける必要があります。

よくありがちなのが、LP(ランディングページ)をフルで画像で作ってしまったり、旅行サイトのページがほとんど画像という場合です。LPや旅行サイトのページであっても、キャッチコピーや文章の部分はプレーンテキストで表示したり、画像の要所で説明文をテキストで表示したりというように、出来るだけテキスト容量を増やした方が、改善が見込めるでしょう。

画像の一覧のようなページであれば、画像のキャプションを活用するのもありです。WordPressでも、簡単にキャプション設定ができるので、活用してみましょう。

WordPressで画像にalt属性の設定をする方法

WordPressで画像にalt属性の設定をする方法はとても簡単です。メディアライブラリで画像を選択した時の画面(下図)を見てください。「キャプション」に画像の説明文を入れます。「代替テキスト」の欄に、alt属性の内容を設定します。

スポンサーリンク

まとめ「Googleは画像が苦手 | alt属性やキャプションを活用しよう」

  • Googleに正しく画像を認識してもらうため、alt属性で画像の説明を行う
  • alt属性は適切な内容を端的に正しい日本語で記載する
  • alt属性はユーザビリティ・アクセシビリティの向上にも役立つ
  • 動画や画像のみのページはできるだけテキストの情報量を増やすため、画像のキャプションの設定なども活用する
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© EXAWAVE , 2019 All Rights Reserved.